メルカリで商品が売れないときに試してみたい15のテクニック

※アフィリエイト広告を利用しています

副業

こんにちは。
「ナイハハ」こと働きたくない母です。

メルカリで販売する際に使えるテクニックを自分用にまとめています。
参考になりましたら幸いです。

テクニック1 10%値下げ

販売している価格から10%値下げすると、検索上位に表示される…というものです。

売りたい金額より高めに設定し、毎日10%値下げする。売りたい金額になったら、また値上げし同じことを繰り返します。

注意点があり、前回値下げしてから24時間後でないと上位に表示されないとのことです。

これね、とっても有名なテクニックなので何度も試しているんですが、10%ぐらいじゃ上位表示されてないような気がします。もっと大幅に値下げしたときは表示されましたが、10%じゃ全然でてこない!(出てくるときもある)

毎日ちみちみ値下げしてても意味あるのかな…と思い最近はやっていません。逆に、値上げすると売れる謎な現象が起きます。

テクニック2 ハッシュタグをつける

商品説明ではない、関係のないワードをずらずら並べるのはメルカリで禁止されていますが、ハッシュタグは活用できるようで、積極的につけるようにしています。売りたい商品をメルカリで検索すると、一緒に検索されるキーワードがでてきます。

例 子ども用の帽子を検索するとき

帽子 ベビー

帽子 男の子 

帽子48

こんな感じででてきます。これを商品説明やタイトルに組み込むか、ハッシュタグにすると、検索されやすくなり売れやすくなるというものです。

効果があるかはわかりませんが、確かに検索ワードが多い方が見てくれる確率はあがりますよね!

また、自分の出品物をジャンル別に分けることもできます。私の場合はベビー・キッズ服と遊戯王カード、ゲームをハッシュタグでまとめています。そうすると、他の商品も見てもらいやすくなっている…ような気がします。笑

テクニック3 週末セール

「今買わないと!」という理由を作るのが大切みたいです。週末に限らず、三日間限定とか、月末までとか期限を設定するのだそう。

確かに、タイムセールとかAmazonでやってたら、今買わないと!!ってぽちぽちしちゃいますよね。そういう人の心理を利用する売り方ですね。私はこの方法で何個か売れました。効果的だと感じます。試してみる価値はありますよ!

※期限が過ぎたら値上げするのを忘れずに。

テクニック4 写真を変える

トップの写真が原因で見てもらえない場合があるそう。あまりに売れなかったらトップの写真だけでいいので撮りなおすといいようです。

例えばですが、背景が悪かったり写真が暗かったりしませんか?商品がぐちゃぐちゃなんていうのも直したいですね。

私も実際にやってみましたが、確かに売れました。効果的だと思います。値下げする前に試してみたいテクニックですね。

テクニック5 まとめ売り

売れ残りをセットにして売る方法です。これは実際売れました

ばら売りしていたキッズのパンツをセットにするといいねがいくつかつき、すぐに売れました。ゲームソフトと本体をセットにしたものもすぐに売れました。

応用で、まとめ売りをしているものをばらすことも。この方法は効果的だったと実感しています。

セットにすると送料も節約できるので、利益が増えるのも◎

※関連性のないものはセットにしても売れないので注意

テクニック6 再出品

売れ残りは検索の際埋もれてしまっている場合があるので再出品をすると売れやすくなるそうです。出品停止ではなく、もう一度最初から出品しなおします。

これも何度か試しましたが、売れないものは売れないですね…。でも、検索の際上位表示されるので、見てもらえる機会は増えて売れる確率はあがるのかなと思います。

テクニック7 コメント欄の利用

値下げしたときや、何かアナウンスがあるときは商品の説明欄ではなくコメント欄を使用するというもの。コメント欄に記入があるといいねしている人に、通知が行くようになっています。これをうまく使いましょうってやつです。

「値下げしました!」とか、「週末限定価格です!」とかよく書き込んでいます。いいねをしたまま忘れていた方にアピールできるのでいい方法かと思います。

テクニック8 見てもらいやすい時間に出品する

ターゲットを絞り、その人たちが見ているであろう時間に出品するテクニックです。出品した瞬間は必ず検索結果の上位に表示されますので私もこれは重要だと思っています。

学生狙いなら夜、主婦狙いなら昼、会社員狙いなら夜、らしいのですが、実際いろんな生活リズムの方がいますし参考程度にですね。

個人的には朝に出品した時よりも、夜に出品した時の方が見てもらえる数は多いように感じました。

また、平日よりも祝日のほうが見てもらいやすいように思います。

テクニック9 写真にブランド名やサイズをいれる

これもよく活用します。私はベビーやキッズ服の取り扱いが多いのでサイズは必ず記入します。検索結果が画像しかでてこないので、ぱっとみて情報が多い方が興味を持ってもらいやすいかと思います。

定価や新品かどうかを記入するのもいいですよね!

実際の出品画像がこちら↓↓

テクニック10 わざと商品の全体を写さない

私はやっていませんが、時々使っている人を見かけます。アップの画像だと、よくわからないので全体はどうなってるの?とタップしてしまいますよね。私はこれによく引っ掛かってます…。

見てもらえなければいくらいい商品をだしていても売れないのできっかけを作るにはいい作戦かもしれません。でも、なんか騙してるみたいで気が進まないのは私だけ?

テクニック11 ぴったりの値段にしない

これも人の心理を利用した方法だそうですが、ぴったり500円よりも499円のほうがお安く感じるそうです。1円しか変わっていないけれど、ぱっと見た時のインパクトが違うとか。そうなのかな…?

半信半疑ですが、売れないときには結構このテクニックは使っています。個人的に、中途半端な額にしていると値切られやすくなるような気はします。499円の場合だと99円値引きして、きりよく400円で!とかね。それぐらい払ってよぅ…となりますが。。1980円とかも売れやすそうですよね。いちきゅっぱ!もう古いかな…?笑

テクニック12 お手紙を添える

売れた商品に「ありがとうございます!」とか一言添えると印象いいですよね!私はこれでフォロワーが1人獲得できました。少ないっていう突っ込みが聞こえてきそうです。人生そんなものです。

印象は悪くないので、もしかしたらリピーターになってくれるかもしれません!

テクニック13 取引ページにて営業をかける

皆さん、取引ページでメッセージのやり取りしてますか?

私はあまり重要視してなかったのですが、取引ページのメッセージで「購入してくれたから、次は特別にお安くしますよ~」って営業をかけると、特別にってのに惹かれて購入してくれる場合があるそう。人は特別に弱いらしい。

ちなみに、私も頑張っていますがフォロワーは増えましたが、購入してくれる方は未だ1人もいません。でも、やらないよりいいかしら…?

テクニック14 発送までの日数を早める

ほんとか嘘か、発送を1~2日にすると売れやすくなることがあるらしい。

私は基本1~2日の発送にしており、かつ24時間以内に発送するよう心掛けています。そうするとスピードバッジというものが貰えるのですが、このバッジがついていると購入者が安心して購入する材料になります。

これが全商品の出品画面に表示されます

取得できるよう頑張ってみてください。

help.jp.mercari.com

テクニック15 出品した日時の更新

出品した商品が何日前の出品か、というのが表示されていますよね。

それが1か月前とか半年前、のように古いと「なぜこんなに売れていないのか?何か問題があるに違いない」と思われて売れづらいので、更新するというテクニックです。

私も古くなったら商品を一度出品停止にして、日時を更新していますが効果的かどうかは謎です。

まとめ

参考になるものはありましたか?

メルカリって人いる?と思うぐらい売れないことが結構ありませんか?少し工夫をするだけで、売れるようになるかもしれません。

テクニックといっても簡単に実施できるものばかりなので、「売れないなぁ」という商品があればぜひ試してみてください。

お付き合いいただきありがとうございました!またお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました